#わたしだけのブッククラブ

written by Nao (twitter: smkebks)

#2 Cat's Eye - Margaret Atwood

f:id:watashidake:20160927154109j:image

Margaret Atwood “Cat’s Eye
Amiina...
Margaret Atwood “Cat’s Eye
Amiina “Kurr”

大人になっても、幼少時代の友人関係、特にあの魅力的なコーディリアのことが頭の片隅にこびりついて離れない。すっごい意地悪であると同時に、とても優しかったあの娘に囚われ続ける画家エレインのお話。フレネミー小説。

この小説、わたし非常にわかる。いいとしした大人になっても、まだ小学生時代や中学生時代に、可愛くてイケてるあの子たちのグループに入れてもらえたり、その後すぐに仲間はずれにされたりしたことを覚えている。いまだに、あの子たちはどうしてるか考える。あの子たちが幸せじゃなければいいと思うけど、それじゃあわたしの心は救われないのだ。

このCat’s Eyeはそんな小説です。
そういう思いを抱き続けて、心の中で変な感じで熟成させちゃってる人には、特に読んでもらいたい。

わたしはこの小説を読んで、ああそういうものなんだ。たぶんわたしはこういう思いを手放せないかもしれない、でも、それでもいいのかもしれない。たぶんわたしだけじゃない、みんなそうなんだ、と思えた一冊。

この本に出会えてよかった。

読んでる途中は忸怩たる思いで心が痛かったのでアルファー波が出まくっているとっても優しいアイスランドのグループAmiinaの1stアルバム”Kurr”を聴きながら読み進めました。

ノコギリを使ったりして作り出されるポワンポワンした音が最高に暖かく包み込んでくれます。